読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

log.

履歴を記録すること

欲望の夜

クリスマスの夜。いただきストリート大会のおかげで、家族愛や恋人との愛だのとは無縁な夜。地で地を洗う抗争。うんとこしょどっこいしょと相手を出し抜き足を引っ張るために売り買いする株。盛り上がることもあるし、空気が悪くなることもある。 それでもま…

山頂越え

ドタバタと山を登りながらもやっと最高峰を踏破して、目の前に開けた景色が絶景だったかというとそういう訳でもなく、先にはまだたらたらと尾根が続いている。ただ、少なくとも僕が今立っている場所よりも高い場所は視界に入る限りではないようなので、その…

昔、昔あるところで

夏は猛暑で野菜が高騰し、秋は10月の低温で野菜が高騰しておったそうな。ただし米は安い。そろそろ給料に野菜手当が付いてもいい頃合なのではという村人の話を皮切りに、様々な手当の案が出てきた。公務員もびっくりなくらいどうでもいい手当の案ばかりじゃ…

書き方を忘れたカナリアは

空白期間が一ヶ月ではなく、一週間だったことにほんの少しの喜びを感じながら「記事を書く」のリンクをクリックしたのはいいものの、困ったことに何をどう書くかという日記の作法が体から抜け落ちているようで思うように指が進まない。たいして有用な作法が…

黄砂に吹かれて

季節外れの黄砂の影響で花粉症のような症状が出てしまい、眼と鼻が眉間を中心にくしゃっとなった上で引っ張られたような感覚の昨日今日です。 さて、沈黙していた期間中、漫画本の貸し借りが極々狭いエリアで流行し、 吉田秋生『YASHA-夜叉-』、『イヴの眠り…

ガーっと

猛暑で少食になっていた反動か。食欲の秋が全力でやってきてる。ガーっと。ガーっと体重も付いてきそうだけど。

個人識別情報としてのデザイン

本読みさんのサイトや日記サイトなど読み物方面のものをgooglereaderからはてなアンテナへ引越しした。もともとRSSreaderとアンテナの境界があやふやで、これはそっちあれはこっちと振り分け基準も曖昧だったので統一。googlereaderだと流し読みが多かったし…

珈琲、はじめました

家で珈琲が飲めるという幸せ。 食器棚から取り出したマグカップに茶しぶが広がってた。夏が始まる前、片付けるときには気になっていなかったのに、時をおいて目にすると妙に気になる。元が白いマグカップだから妙に目に付く。週末にキッチンハイターの刑。

夏のひと休み

25.9℃。本日のサイコー!気温。 気まぐれな秋の顔出しに、こちらとしても気まぐれに料理に手を出す。暑い間はほぼ一品料理だったのに、涼しい台所に立つと火が苦にならないので自然と品数が増えてしまう。オクラと山芋のパスタに茄子の煮浸し、豆腐とワカメ…

台風様様

多少の蒸し暑さはあったものの35℃前後がずーっと続いていた頃に比べると過ごしやすさに格段の違いがある。台風に感謝。最近では熱帯夜とはいえども27℃位だと涼しく感じて、26℃まで落ちると肌寒くて扇風機を切って寝てしまう。クーラーのない生活が、動物とし…

音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。

「今後、一週間ほど暑い状態が続きますので熱中症には気をつけて下さい。」 かれこれ5週間ほど華麗なバトンさばきで一度も地に落ちることなくリレーが続いているアナウンスは、日曜日にサザエさんを見るよりも週間天気予報を見てしまった時の方が何かと後ろ…

もろきゅう

昨日今日と連日の夕立。雨乞いの祈りが通じたらしい。 遠くから雷鳴が轟き始め、ゆっくりと暗くなり、にわかに風が吹いてくる。そんな様子を見ながら傘の柄のような形をしたキュウリにもろみ味噌をつけてポリポリ食べてた。縁側があればもっとよかったんだけ…

雨乞い

本格的な夕立が降ってくれたら多少なりとも暑さが緩和されるのではないかと、熱暴走し始めた頭で必死に雨乞いするのが日課です。こんにちは。ちょうど雨乞いの儀式が登場する三津田信三の『水魑の如き沈むもの』を読んでいたので、ちょっとくらい参考になる…

万力

網戸を張り替えたときには、たとえほんのりとはいえ夏が待ち遠しくなったはずなのに今ではそんな気持ちのかけらもなくなってしまった。どのくらいの未来なのか不明だけれど死んでしまった自分に頼んで、自分史の中で2010年の夏を編集でカットしてしまいたい。…

雨の日の一日

雨。すごく雨。非常に雨。強烈に雨。 こんな日にスーツを着て革靴を履いて移動するなんて馬鹿げている。短パンにサンダルでいいじゃないか。そう強気に妄想しながらも古い革靴を履き、替えの靴下を忍ばせる小市民っぷり。辛うじて西鉄が動いていて助かった。…

昨日今日明日

溜まっていたものがすっきりと片付いた。素晴らしい。たとえ終わりがなく一時的な満足だったとしても目の前にそれらがないという状態が心地良い。 さよなら生乾きの洗濯物たち、こんにちは太陽の匂いの洗濯物たち。 今年の梅雨のテーマソング。EGO-WRAPPIN'…

解毒できない宿屋

ついに梅雨がその姿を見せ始めてきた。週末はHPを回復するためにも昼寝をたっぷりとりたかったのに、湿気毒のおかげで寝ている間も少しずつHPが削られていたような気がする。早く体を湿度と暑さに順化させないといけない。

気分は三井寿

眠い。体のピークが完全に夜型の南アフリカモードになっている。 人,ノ lllllllllllllllllll! ,;; .;;'' ,:,:,:,:,: illllllllノ 安 llllllllllllllllll!,,,,, i ;; i/ ;;;,, ,,,,,,, illlll丿 .西 lllllllllllllll'l!iil||||||||||lゞ ((||||||||||||||||l…

それでも最終的には

期待して裏切られるのが怖くて、うまく距離感をつかめない。近付いて手を取って何かしらを分かち合いたいのに勇気がない。4年前に僕からの一方的な思慕をあっさりと踏みにじられてからというものの、未練を残しながらも距離を置いていた。 そして今日。それ…

降るなら降ってくれ

梅雨入り。雨が届く前に、湿気で重っ苦しい空気だけがあらわれたので扇風機を出す。こたつをしまってから扇風機を出すまでのスパンが短すぎる。と、目に見えないに何か対して文句を言いたくなるものの結局のところ環境のせいではなく、怠惰(=こたつをいつ…

昼寝のお供としての読書

時期をつかむのが難しかったこたつの撤去を完了。こたつ布団を枕に佐藤亜紀の『モンティニーの狼男爵』を読む。 人間関係が発生する場面では不可避の感情だけれど、その中でも恋愛という場面で色濃く出てしまう嫉妬や憎悪、寂しさという感情がもとでやらかし…

張り替え

長年の懸念事項でありながら、腰がうんともすんとも上がることもなく放置していた穴あき網戸。太陽の光の強さに負けて全て張り替えた。大中小合わせて4枚。 網戸越しに見える灰色の景色を疑うこともなく受け入れて過ごしていたのに、実は世界は青くないとい…

帰還

忙しくて体調悪くて、と更新を放ったらかしにしていくうちに「ブログを書かない」という習慣が日常化してしまうのは過去の経験で実証済みにもかかわらず手を入れずに自然のままに放置してしまっていた。そして性懲りも無く戻ってくる。煙草を止めた後に手と…

うぐいす嬢

出かける前に洗濯物を外に出すか出さないか、寝起きのボーっとした脳みそで考えるともなしに考えていたら、ウグイスの鳴き声が聞こえる。意表を突かれるほどのきれいな鳴き声。暖かさ続きのせいか、啓蟄の前日に鳥が起き出したようで。

個人的敗戦

バンクーバーオリンピックが終わってた。何一つ競技を見ることなく終わった初めてのオリンピックだった。 競技以外の部分でのノイズの大きさが妙に気になり始めたのが敗因。

足りないピース

3月突入。いつもの通り道で沈丁花の香りにまだ出会っていない気がする。ほれ。 雨と雷と川端商店街で火事。

風力解消

春一番。風速も気温もレベルが高かった。 風に負けないように自転車のペダルを回す。とにかく意固地を通して、朝から汗だくになる。何のための意固地だったのか分からなくなるくらいにこいだ。 それなりにきっちりとガスを抜きたい時には春一番くらいの風力…

早咲き桜

春過ぎて初夏。通りがかりの病院に一本だけ五分咲きの桜があった。一見、梅かと見紛ってしまったけどやっぱり桜。気が早いよ、と咎めることができないほどの暖かさなので仕方ないかも。早目に行動するということに無縁な性格なので多少羨ましくはある。

ひと月

一つ歳を重ねた日に煙を絶ってから今日で一ヶ月。 世間一般で言われていたり、都市伝説のように伝わっている禁断症状とはこれまでのところ縁がない。最大値→ゼロ、ではなく1年ほどかけて計画的に最大値を減らしていったおかげで楽に禁煙できたようだ。約1年…

ごく個人的なバロメータ

横断歩道の白い部分だけを踏んで渡り切れたり、エレベーターを降りてから目を閉じて13歩進むと扉の前だったり。ジンクスと言えるほど強い願掛けではないけれど、その時の調子を無根拠に測る「何となくバロメータ」というのがある。ごく個人的なことで、第三…

半休

体調不良につき半日ほど布団の中。健康ではないけど温かい毛布が幸せだったりする。

建国記念の日

髪を切り、天神地下街をうろうろした後に地上へ体を出したら驚くほど寒くなっていた。ここ数日の寒暖の差で体調を崩す自信がある。サッカーの香港戦を見ていたら違う意味で寒気がしてきた。

ぬる〜い

昨日は暑く、本日はぬるい。 雨が降る粘度の高い空気の中で、三津田信三の『山魔の如き嗤うもの』を読む。刀城言耶がトライ・アンド・エラーを始める前まで。前作の『首無の如き祟るもの』よりもホラー成分が強めでぬるい雨降りに適している作品。

今でもたまに、エスカレーターに足を乗せるタイミングが分からないことがある。

喚起、注意

「百年の孤独」をもらった。マジックリアリズムではなくて、その小説の名を冠した宮崎の麦焼酎の方だけど。 学生の頃によく通っていた宮崎市内の居酒屋ではグラス250円で飲んでた。幻の焼酎と聞いてはいたけれど、目の前に現実として250円であるそれを手にし…

忘れな年

もう2月。・・・と書き始めていた文章が消えてしまった。気持ちが折れた(´・ω・`)ショボーン

勘違いポテト

暖かくなるという親切な情報は脳を経由せずに反対側へと抜け出たようで、普段どおりの格好では暑い一日。生ぬるい風を受けているうちにポテトサラダ気分になったので、キュウリとシーチキンを入れてのポテトサラダで夕食。 欧米の映画。庶民的な食事のシーン…

うめしゅ

2009年の年末から梅酒を飲み続けている。きっかけも継続している理由も不明だけれど梅酒ブーム到来中。 魚の煮物を筆頭に煮物を作るときにもトクトクと入れて使っているので、それなりの消費量だと思う。紅茶に入れて飲むのもうまい。

えせ好き嫌い

四季の中でどの季節が好きかと問われれば冬だと答えていた。冬が始まる前に「今年は暖冬」だと耳にし、心と体もそういう準備をしていたのに一転、実際に冬らしい寒さが続くと気象庁を呪いたくなるのは、本当は冬が好きではないからなのかもしれない。それと…

成人式不要派

10年ほど前、式には出なかった。自治体が成人式を執り行う意味が理解できなかったし、ぞろぞろと同学年の人間が集まるのもわからなかったから。式はあった方がいいという人の話も聞いてみたけど結局、今もわからない。20年という節目を祝いたいのなら誕生日…

元日という一日

元日の午前中の静けさを満喫。ここ数年定番だった年末年始の体調不良もなく、珍しく快調なので梅酒のお湯割りを飲みながらTVで天皇杯を観戦した。

ご挨拶

明けましておめでとうございます。今年も相変わらずだと思いますが、よろしくお願いします。

大掃除ハイ

ここ数年、名ばかり大掃除でごまかしてきたけどそろそろ訴えられそうだったので、今年こそはと本格的に掃除した。水回りは先日しておいたので、今日は隅っこや裏側のホコリを片付けて、本を右から左に積み直して終了。とことん掃除をしようという心持ちで部…

タッチアンドゴー

返却期限ギリギリで図書館に本を返却し新たに仕入れてくる。また改めて書くけど、今年は図書館に随分とお世話になった。これもひとえにインターネットで本の予約ができて、福岡市内にあるいくつもの図書館から最寄りの図書館まで届けてくれるという仕組みを…

迷子のサンタ

ゴールはしていないけど、楽に息継ぎができる状況になった。手を伸ばせばそこにはクリスマス。そういえば3,4日前の雪が降った日に、駅からの家路を急いでいたら迷子になったサンタに道を聞かれた。寒い中、ピザの配達ご苦労様です。

息継ぎ

ざっぱーん。必殺☆1週間ほったからしの刑。引き続き潜伏予定。 週間天気予報を目にしたら来週末から雪だるま予報。洗濯物も乾きづらい福岡の冬の気候なのに、意を決して大掃除(のようなもの)を決行。風呂場周りと台所周り。掃除を終えたら、クリスマス気分…

ケータイ

携帯電話の送話口が壊れたようで、あちらの声は聞き取れるけどこちらの声が届かないという電話として不如意な状態になったので買い換えてきた。以前、機種変更したのが2007年の8月なので2年と5ヶ月。やはり3年は持たなかったか。 大型電器屋のauコーナーで、…

ため息

はぁー。12月です。

今日という土曜日

髪切り。NHKで鹿島アントラーズvsガンバ大阪を観戦。アントラーズのリアクションサッカーが大爆発。しばらく見ないうちに小笠原が戦える選手になっていて驚いた。年を重ねると人間は変わるものなのかもしれない。それにしてもガンバは攻撃サッカーを続けたい…

湯たんぽの効用

湯たんぽ温かい。沸かした風呂の湯を入る前に、ちまちまと注ぎ込んで布団の中にセットしておくと、寝る時に布団が温かくて幸せになれる。布団乾燥機より良い。なんでこれまで使ってこなかったのか。日本には室町時代に伝わったいたというのに。