log.

履歴を記録すること

乙一『小生物語』(幻冬舎)

作者がまえがきで

しかし親切な私は先にこう書いておきたい。この本を読んでも良いことはひとつもない。この本にお金と時間を割くのはやめたほうがよい。

と、書いている上にこの後もネガティブなことが綴られているので、逆にそのことが引き金となって買ってしまった。天邪鬼。というかそういうニッチなところを狙った販売戦略だったのだろうか?
日記として読んでしまうと確かにつまらないんだけど、ときおり乙一らしい小話が読めるのでそれはそれで得した気分になる。僕にとってこの本を読んでも良いことはひとつもないことはなかったので、問題なし。

小生物語

小生物語