log.

履歴を記録すること

『陽気なギャングが地球を回す』伊坂幸太郎(祥伝社文庫)

回せ回せ。ということで初めての伊坂幸太郎の本。
当たり前のことだけど、この本が初めてということはこの作者の他の本は読んだことはない。ないけど、伊坂幸太郎が人気のある理由がわかった気がする。
まずは、登場人物の型がしっかりとしているので、読み手はそれぞれの役割や性格がわかりやすく、リズミカルな文章にも助けられてすいすいと読み進める心地よさが安定感というか安心感のようなものを感じられること。
そして、そんな安定感とはまったく逆の性質なんだけどコンゲームのような騙し合いが続く内容が、物語の展開に対する信頼感を少しずつ削り取ることで読み手を落ち着かなくさせて、次の展開が気になって気になって早く昼休みこないかなあ、という気持ちにさせられること。
というか1冊しか読んでないので、普遍的な理由というものはわからないけれど、至極あっさりとだまされ続けながらも心地良い読書体験でしたということでした。

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)