log.

履歴を記録すること

村上春樹とノスタルジー

歳を重ねて、ふと思い出したようにマイルストーンのごとく同じ本を再読する。それは過去の自分とは少し違った自分になったという感触を手に入れたいだけなのかもしれない。それでもたぶんその行為の動機の大部分は、過去へのノスタルジーを感じたいだけというような気がする。
村上春樹の『羊をめぐる冒険』を読みながらそう思った。
風の歌を聴け』『1973年のピンボール』、そして『羊をめぐる冒険』の青春三部作を(頻度は減ったとはいうものの)ことあるごとに読み返すのは、失った何かへのノスタルジーが強すぎるが故なんだと自覚はしているけど、中毒性が高くて止められない。