log.

履歴を記録すること

日本vsオーストリア

0-0(PK3-4)。
単なる親善試合ではなくて一応、大会らしい。深夜3時半からのキックオフだったので、不覚にもハーフタイム中に眠りに落ちてしまって気が付いたら朝だった。というわけで、前半しかみていないので試合全体での感想は無理。
前半を見た限りにおいてはセンターバックの中澤・闘莉王コンビにボランチの鈴木を加えた守備ブロックの安定感は抜群。センターバックコンビのバックアップがいないのが不安だけど、現段階では安定した力を出せるレギュラーが見つかったのは好材料だと思う。
それにしても攻撃に関しては・・・・。相手のヒッケルスベルガー監督日本は中盤において、われわれよりも素晴らしい。ペナルティーエリアまでは、われわれは押されていた。ただし日本には、決定力のあるFWがいない。と試合後の会見で言っていたように、まったくゴールの気配が感じられない。もうパス回しが巧いのは十分にわかったから、そろそろリズムを変えてどんどんゴールを狙っていくフェーズに移行していこうよ。観ていて退屈で深夜の観戦だと寝てしまうから。