log.

履歴を記録すること

『陽気なギャングの日常と襲撃』伊坂幸太郎(ノンノベル)

『陽気なギャングが地球を回す』(感想)の続編。前作を読んでいないとノリが分からないと思う。それにしても不思議な形式で構成されていて、一つの長編とも言えるし短編3作+中編とも思える。まあ読む上ではどちらでもいいけど。
テンポの良さは相変わらずで心地良いし、伏線の回収も分かりやすくてさすがなんだけど、前作のようなスリルや驚きに欠けていたんじゃないかと。それというのもたぶん、1章の短編3作がどちらかといえば「日常の謎」のような作品だったので、そこのまったりとした空気に引きずられていった感じがする。単純に、銀行強盗がメインのストーリーではなかったからかもしれないけど。

陽気なギャングの日常と襲撃 (ノン・ノベル)

陽気なギャングの日常と襲撃 (ノン・ノベル)