log.

履歴を記録すること

併読の弊害

集中力のノリがいまいちのようで、こちらを手に取りあちらに手を伸ばし、そちらから手を差し伸べてもらうといった読書の団子状態。基本的に不器用なので普段はせいぜい併読しても2冊といったところなのに、今は3冊を併読してしまっていてあまり頭に残らないので意味がない。困ったものだ。『Yの悲劇』、『日蝕』、『葦と百合』の3冊。『葦と百合』が一番面白い。