log.

履歴を記録すること

『最後の息子』吉田修一(文春文庫)

「最後の息子」、「破片」、「Water」の3作が入った短編集。「破片」、「Water」はそれなりに楽しめたのに、表題作の「最後の息子」に関しては悲しいほど文章と意思疎通をはかることができなかった。以前読んだ『パーク・ライフ』の雰囲気は好みだったし作風が苦手だってこともないとは思うんだけど、こういうこともあるらしい。

最後の息子 (文春文庫)

最後の息子 (文春文庫)