読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

log.

履歴を記録すること

いただきます

忘れた頃に、定額給付金の申請書が到着。

「もう十分ですわ、ミスター・スティーブンス。おっしゃるとおり、新しい女中たちの仕事ぶりには、もう少し目を光らせるようにいたしましょう」
「このように明らかなことを見過ごされるのは、あなたらしくありませんね、ミス・ケントン」

『日の名残り』カズオ・イシグロ(ハヤカワepi文庫)P254より。