log.

履歴を記録すること

『世界の終り、あるいは始まり』歌野晶午(角川文庫)

はじめて体感する形のミステリで、その変則的な物語の形式は新鮮だったけれども感想を書きづらい。ただ、身につまされる内容だし、これまで作中の人物と同じ感覚でスルー力を発揮してきた身には耳が痛い。かといってそれをスルーせず真摯に受け止めることで、問題がどうにかなるものでもない、とも思ってしまう。

悲惨な事件の連鎖はどこまで続くのだろう。
しかしわが家は相変わらず平和だし、この先もずっと平和であり続けるはずだ。

世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)
歌野 晶午
角川書店
売り上げランキング: 17650