log.

履歴を記録すること

2009年6月に読んだ本

読みたい本が、だんだんとフィクションからノンフィクションへ移行していっているのがわかる。もしかしたら気候に影響されているのかもしれない。

6月の読書メーター

読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2270ページ

批評の事情―不良のための論壇案内批評の事情―不良のための論壇案内
再読。
読了日:06月11日 著者:永江 朗
現代思想の遭難者たち現代思想の遭難者たち
再読。パローレパローレパローレ♪
読了日:06月13日 著者:いしい ひさいち
ウースター家の掟 (ウッドハウス・コレクション)ウースター家の掟 (ウッドハウス・コレクション)
★★★★。今作でバーティーに絡んでくる友人の一人スティッフィー嬢のあまりの唯我独尊が、バーティーの良さを際立たせる。バーティーかっこいいよ。
読了日:06月14日 著者:P.G. ウッドハウス
ハーバードからの贈り物 (Harvard business school press)ハーバードからの贈り物 (Harvard business school press)
★★★。ハーバード・ビジネス・スクールの学期末、最後の授業で先生が話すバラエティに富んだ人生訓を集めた本。
読了日:06月18日 著者:デイジー・ウェイドマン,幾島 幸子
車輪の下で (光文社古典新訳文庫)車輪の下で (光文社古典新訳文庫)
★★★。あー青春。この時代でも尾崎豊はうけそうな気がする。ドイツ語バージョン。
読了日:06月19日 著者:ヘッセ
バブルの肖像バブルの肖像
★★★★。バブルという文化の博物館。バブル文化は特異点だったんだな。100年後くらいに歴史の教科書に載れば面白いのに。
読了日:06月20日 著者:都築 響一
日本怪奇幻想紀行 (2之巻)日本怪奇幻想紀行 (2之巻)
★★★。祟り・呪いについてのノンフィクション・オムニバス。丑の刻参りも九尾の狐の話も興味深かった。
読了日:06月21日 著者:
TOKYO 0円ハウス0円生活TOKYO 0円ハウス0円生活
★★★。ホームレスの人の合理的なホームを取材することで見える世界。着眼点が面白いし、エコエコ呪文を唱えている人たちは読むといいかも。
読了日:06月24日 著者:坂口 恭平
世襲議員のからくり (文春新書)世襲議員のからくり (文春新書)
★★★。世襲議員についての問題の所在がわかりやすい一冊。
読了日:06月28日 著者:上杉 隆

読書メーター