読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

log.

履歴を記録すること

読み進まない

面白い物語を読んでいる感覚があるのに、ひと息ついてふと本を見返してみるとほとんど頁を読み進んでいない。
この本を読んでいる間、心を亡くしてしまいそうな状況だっただけに内容に集中できていなかったのか、それとも面白い=さっくり読んでしまえる、というエンターテインメント小説に当てはまりやすい等式の例外に当たってしまったのか。とにかくそう多くはない読書体験の中で「頁を繰る手が止まらないほど面白い」という形容ではなく「頁を繰る手が止まるほど面白い」という本を読むのは初めてかもしれん。おまけに図書館で借りた本からほんわりと酸っぱい臭いがしてくるというのも初めての経験かもしれん。内容が甘酸っぱいとかではなくてただシンプルに酸い〜。あっ、ひょっとして読み進まないのはこの臭いが原因か?
返却期限までに読んでしまえるか心配な佐藤亜紀『鏡の影』。