読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

log.

履歴を記録すること

日本vs中国(東アジア選手権)

0-0。
見どころは、カンフーサッカーではなくサッカーで日本を苦しめた中国と楢崎のPKストップか。素直に心情を告白するなら、あのPKの場面、このままスコアレスドローで終わるよりも失点し中国に負けた方が良い、とさえ思っていた。

――ここ2試合、客席に空席が目立つ。それから、ハーフタイムでブーイングが沸いた。W杯イヤーの序盤でこのような反応があることについて、プロの監督としてどう思うか?
お客さんのことに関しては、そこまで背負い切れないところがわたしにはあります。いろんな事情があるとは思いますが、それに対して、わたしがお客さんを呼ぶために人気のある選手を使うとかそういうことではなくて、強いチームを作っていくことが使命だと思っています。
サポーターのブーイングに関しては、もちろん真摯(しんし)に受け止めないといけないと思っていますが、われわれは今、勝つため、あるいは強いチームを作るためにベストを尽くしています。ある意味、そういうふうに(サポーターから)評価されているのは当然だと、しょうがないと思っています。それを力にして、強いチームを作っていく。わたしの仕事はそういうことだと思っています。

スポーツナビ | サッカー|日本代表|中国戦後 岡田監督会見(2/2)

監督の口にする強いチームというチームがどういうチームなのか、具体的に試合で見せてもらったことがないのでサポはブーイングをするのだと思う。別に人気のある選手を読んで欲しいわけではない。監督が作ると言っている強いチームとやらの片鱗でも実際の試合で見せてくれたらサポーターもチームを信じて応援することもできるだろうに。どこかズレてる気がする。