読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

log.

履歴を記録すること

山頂越え

ドタバタと山を登りながらもやっと最高峰を踏破して、目の前に開けた景色が絶景だったかというとそういう訳でもなく、先にはまだたらたらと尾根が続いている。ただ、少なくとも僕が今立っている場所よりも高い場所は視界に入る限りではないようなので、その点ではやっと人心地つける。
忙しいという字は心を亡くすと書きます、と校長先生が訓話で取り上げそうな話題が軽い笑い話になれない状態というのは素直な心境として居心地のよいものではないし、僕の深みのないオヤジギャグがウケてしまうのも健全ではない。そこはツッコミが入ってからの苦笑というパターンでこないと。
とにもかくにも山を越えたついでに年も越すことができそうで何より。30越えの人が初雪が降ったと喜んで外に出ていったのも、解放感のなせる技だったかもしれない。今夜もまだ寒いです。