読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

log.

履歴を記録すること

読もうというキッカケ

読書

西之園萌絵というキャラクターに嫌気が差してリタイアしたのが『封印再度』。森博嗣という作家に興味は残っていたのでエッセイやウェブサイトは読んでいたものの作られた物語に関しては、シリーズや登場人物が変わろうともこれまでは食指が動かなかったのに、どういうきっかけか真賀田四季という人物のことを突然に思い出し、読み返した『すべてがFになる』。本の内容そのものよりも、思い出せないでいるスイッチが入ったタイミングの方がとても気になる。
本を読むきっかけなんて具体的にはいくつもありながらも、強引に絞るとするなら結局のところ何かしらの紹介からだったり本屋や本棚での何とはなしの出会いだったり限られてくるのに、今回はそれが分からない。好ましくないと避けていたものに歩み寄る瞬間なんて強く覚えていても良さそうなものなのに箸にも棒にもかからない。
ちなみに西之園萌絵に関しては、まだ問題ない。

すベてがFになる (講談社文庫)

すベてがFになる (講談社文庫)