log.

履歴を記録すること

百冊離宮

年が明け、仕事始めが近づいているこの時期に突然始まる大掃除。(但し、本棚のみ)。既存の本棚のキャパシティを超えた中での運用がしばらく続いていたので断捨離を実行する前に、整理整頓をしてみた。
テトリスで、|をスーッと入れ込んで、まとめて消えていく時の爽快感というのはなかなか替えが効かないけど、」や「や□や⊥や♂で隙間を埋めていく作業というのもそれはそれで気持ちの良いもので、今は後者の気持ち良さが強く出ているから理解のできないカオスな本棚になっているのだと思う。
本に対して断りを入れてある種の好意を捨てた上で、これまでの気持ちを離すことなんてなかなか出来ることではない。読み終わったものをそーっと段ボールという離れに入ってもらうことにした。あ。離。