読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

log.

履歴を記録すること

正当化

なんだか、わかったような気がした。つまり読むときが来たのだ。ぼくにとって本はそういうものだ。いつか身にせまる。そのためにも本があること、本の空気があることがだいじだ。

『忘れられる過去』荒川洋治(朝日文庫)

 

積ん読の多いぼくにとっては、ただひたすらに同意するしかない内容だった。