log.

履歴を記録すること

『アフターダーク』村上春樹(講談社文庫)

まだ未読だったので。読んでから未読だった理由を思い出した。あまりにも評判が芳しくなかったからだ。
なんというか、物足りなさというか中途半端さというか、そのあたりが読みながらとても気になった。まあ、長編じゃないからしようがないといえばしようがないけど。
最近、読んでいたいくつかの本に中国マフィアのような存在がことごとく登場していたので、ラブホテルでのエピソードを読みながら妙な共時性を感じつつ、村上春樹は彼らをどう扱うんだ?と思っていたらアレですよ。尻すぼみ。うーん。
確か村上春樹は、中編や短編は文体の練習や実験の場というようなことをエッセイのどこかに書いていたと思うけど*1、このアフターダークはいかにもそんな感じがプンプンしてきて戸惑ってしまった。うん。面白くないというより戸惑ったという表現が、この本を読んでの自分の感想に一番近い表現かもしれない。「僕」じゃなくて「わたしたち」というところからそうだし。

アフターダーク (講談社文庫)

アフターダーク (講談社文庫)

*1:あやふやな記憶で申し訳ない。