so:an

読む。書く。のこす。

2020年2月23日(日)

3連休の中日。スーパーへ買い出しに行った他は、荻原魚雷の本を読みながら部屋の中で過ごす。

わたしは文学にかぎらず、常に作品よりも作者の生き方の方が気になる。いわゆる表現者の葛藤、ものを作るときの姿勢や心のあり方に興味がある(『本と怠け者』あとがき)

荻原魚雷が手に取り読む本は、読んだことのないものがほとんどだけれど、荻原魚雷のフィルターを通して切り取られる引用や語られる感想には妙に身に馴染むことが多い。

希望をいえば、好きなだけ本を読んで、好きなだけ寝ていたい(『本と怠け者』怠け者の読書癖 )

そういう生き方を僕もしたい。

本と怠け者 (ちくま文庫)

本と怠け者 (ちくま文庫)

古本暮らし

古本暮らし

活字と自活

活字と自活

猫の抜け毛が増えてきているので、念入りにブラッシングを行い最終的にテンションが上った猫に噛まれて終了。

2020年2月18日(火)

毎年恒例の『みすず 読書アンケート特集号』を読み終えた。これから読んでみたい本リストに追加したのは以下の通り。

2020年2月16日(日)

2月も半ば過ぎ。思い出したかのように昨年読んだ本をブクログのまとめ機能を利用してリストを貼り付けようと思ったものの、昨年の9月末にブクログのまとめ機能が終了していることを知った。まとめようと思い立つのも遅ければ、終了しているという情報に接するのも遅かった。もう少し自身の時計の針を世間の時間進行に合わせていかないといけないなと思った次第。 info.booklog.jp

2019年7月13日(土)

3連休初日。

キキュキュキュ、と不穏な音を立てながら首を振り続けていた扇風機がほんのりと焦げ臭さを残してお亡くなりになった。享年15年くらい。はじめは白かったプラスチック製の本体も立派に黄ばんおり、長年の苦労が偲ばれる。次は、洗濯機と電子レンジが似たような時間を共にしているので異音や異臭がしないか内心冷や汗をかいている。