so:an

読む。書く。のこす。

2019年1月7日(月)

明けてました。

『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』をクリアした余韻も冷めやらぬ中、『ペルソナ5』に手を付け始めたのが昨年の11月上旬。限られた読書時間を削りながらプレイし続け、年末年始の休暇中(というか最終日)にようやくクリアできた。100時間を越えるプレイ時間は、数字だけを目にすると圧倒されてしまうけれども投資しただけの充実感が手元に残ったので、楽しめたゲームになった。

  • UIと音楽のカッコよさにテンションが上がる。
  • ストーリーのサスペンス感に正直ゲームのストーリーを軽く見ていたことを自省させられた。
  • ラスト付近の戦闘は、萩原一至『バスタード』を思い出した。懐かしさに興奮するとともに、そういえば最新刊は?と調べてこのまま物語は終わらないのかもしれないと少し絶望した。

今回突然訪れた第何次かのゲームブームで、ペルソナを3から5までクリアできた。学生の頃のような情熱と持久力をゲームに対して持ち合わせていないので、いったん今次のゲームブームは終了する予定だけれど、ペルソナ5で体験できたことはしばらく余韻が続きそう。

ペルソナ5 新価格版 - PS4

ペルソナ5 新価格版 - PS4

2018年10月に読んだもの、観たもの

仕事のために読み込んだ資料が多かった10月。入門書を読むことで、人に伝える内容を整理するという方法を試してみたが、伝えるべき共通点を洗い出せるので有効ではあるが、結局のところ僕がレクチャーするよりも「質の良い入門書を見つけたので、これを読んでおいて下さい」と丸投げしたくもなる。

というわけで、季節の変わり目の体調不良と仕事の忙しさにかまけて小説がほとんど読めなかった。11月は読書の秋らしくフィクションや趣味の本を読み進めたい。というよりまずは、体調回復。

読みたい本棚 - 2018年10月 (35作品)
powered by Booklog

2018年10月31日(水)

曇り。北風が寒い一日。

引き続きの風邪気味。食欲も停滞気味なので、高山なおみのエッセイで心の栄養補給と食欲増進のためのドーピングを行う。

弱っていても抵抗なく頭に入ってくるエッセイは何冊か常備していて、とりあえず活字!という欲求は満たせるようにしている。

帰ってきた 日々ごはん〈1〉

帰ってきた 日々ごはん〈1〉

帰ってきた 日々ごはん〈2〉

帰ってきた 日々ごはん〈2〉

帰ってきた 日々ごはん〈3〉

帰ってきた 日々ごはん〈3〉

2018年10月29日(月)

晴れ。

昨晩は春吉の焼き鳥六三四で食事。毎度の事ながらお客の多さにびっくりする。ヘベスサワーの酸味が旨かったので、おかわり。

怪しい雰囲気が喉から漂っていて誤魔化しながらアルコール消毒していたけれど、案の定、喉からくる風邪に罹ったみたい。今もまだ調子が戻らない。

衣替えと新潮クレストブックス

秋晴れ。

本格的に衣替えをする。衣装ケースからのアウトプットと、へのインプット。厚手の布団は太陽にあて、猫も自身で日光浴。

午後、岩波書店『図書臨時増刊 はじめての新書』を探して何店舗か本屋へ足を運ぶもどこも置いてなかった。図書館に入ってくれると助かるんだけれど。代わりに新潮クレストブックスの創刊20周年のブックレットもらってきた。

もう20年経つんだ。本屋でアルバイトを始めたタイミングで刊行が始まったシリーズだったので覚えている。1998年の4月か5月くらい。特に1回目の配本(だったと思う)エリック・F・ハンセン『旅の終わりの音楽』は、タイタニックの楽団の物語で、当時食傷気味だった映画ジェームズ・キャメロンタイタニック』と合わせて記憶にある。良し悪しは別にして。

新潮クレストブックスは、ベストを選べるほど読んでいるわけではないけれど、アリステア・マクラウドの作品と出会えたことは幸せだった。『灰色の輝ける贈り物』、『冬の犬』、『彼方なる歌に耳をすませよ』。寒い時期になると読み返している。これからも良い出会いがあればないいな。

灰色の輝ける贈り物 (新潮クレスト・ブックス)

灰色の輝ける贈り物 (新潮クレスト・ブックス)

冬の犬 (新潮クレスト・ブックス)

冬の犬 (新潮クレスト・ブックス)

彼方なる歌に耳を澄ませよ (新潮クレスト・ブックス)

彼方なる歌に耳を澄ませよ (新潮クレスト・ブックス)