log.

履歴を記録すること

プライスコレクション 若冲と江戸絵画展

九州国立博物館で、開催中の若冲と江戸絵画展(→公式ブログ)を観にいってきた。
正直に言うと、最近まで伊藤若冲って誰?というほどの無知ぶりだったんだけど*1、興味をそそられたというか彼を知るキッカケになったのは、はてなダイアリーのデザインで若冲の絵を使っているのをみてから。
で、実際に見てきたんだけど期待していた以上に面白かった。若冲の絵もそうなんだけど、一緒に展示されている他の奇想の画家と呼ばれる人たちの作品はどれも面白い。絵としては、もちろん上手いなあと感じるんだけど、個人的にはそれ以上になんか面白いよなあという思いが強かった。
一番、心に残ったのは葛蛇玉(かつじゃぎょく)の「雪中松に兎・梅に鴉図」。兎が木に登っている図に驚いたことは置いておいて、降っている雪に奥行きが感じられて、奥の暗闇にも何かがいるような、そんな感触があってとても引き込まれた一枚だった。
ついでに太宰府天満宮で参拝して、道真公にお願い事をむにゅむにゅと。凛とした雰囲気のある巫女さんを見て感動してしまった。

*1:「じゃくちゅう」って打ったら自動的に「若冲」と変換してくれるIMEに感動したよ。