log.

履歴を記録すること

在庫の魔

昨晩、日本酒片手に焼いた長ネギを食べていたら『長いお別れ』を読みたくなる。ひとまず本棚、本ダンボールを探すも手掛かりなし。あるのは間違いないんだけど、どこにあるのかわからない。そんなわけで、探す努力を放棄して帰りに古本屋で買ってきた。レイモンド・チャンドラー『長いお別れ』、だけではなく『さらば愛しき人よ』とカズオ・イシグロ『わたしたちが孤児だったころ』も。
こうやって在庫が増殖していく。『さらば愛しき人』も2冊目だと思う。チャンドラーの本が村上春樹訳であればダブったという気にはならないんだろうけど、今日手にいれたものも在庫も清水俊二訳。まあ今回は読みたいのに見つからなくて買ったわけだし大丈夫。ふと本の森に目をやると目が合う可能性が高いので在庫には目を向けない。振り返っちゃダメだ。引きずり込まれる。