log.

履歴を記録すること

2018年5月13日(日)

曇りのち雨。

Amazonプライムビデオで、スーパーナチュラルの1-1を観る。

ゴールデンウィーク中にKindleで、原泰久『キングダム』を1巻〜49巻までまとめ買いしたものを少しずつ読み進めている。呂不韋四柱の一人で、あまり目立たない存在だと思っていた李斯の存在感が突然大きくなってきた。

春秋戦国時代から秦への歴史の流れを知らないので、そこを抑えたいという課題が一つ。今年の始めに藤崎竜封神演義』を再読した際には、殷と周の時代を調べなきゃと思っていたので、図らずも引用から秦までが繋がってしまった。こういう繋がりが読書の面白さの一つだと思う。

封神演義 完全版 全18巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)

封神演義 完全版 全18巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)

2018年5月12日(土)

晴れ。

寝起きから間もない時間に猫と遊んでいたら、壁に左手を強かに打ち付けてしまい負傷。気持ちの良い休日の朝っぱらから何をしているのやら。

f:id:bono_hako:20180421132050j:plain

2018年4月に読んだり、見たりしたもの

5月も中旬に入ってからの4月のまとめ。
☆5の印象だったのは、こうの史代夕凪の街 桜の国』(双葉社)と村上春樹村上春樹全作品1979~1989』(講談社)の2作品。

村上春樹の方は、蔵書の再読なので特にこれといってないのだけれど、未だに初期の作品群に魅力を感じる。『夕凪の街 桜の国』は、一昨年の『この世界の片隅に』に続いての(期間はかなり空いているけれど)こうの史代作品で、読んでいる間、登場人物の声はのんの声で脳内再生されていた。

読みたい本棚 - 2018年04月 (19作品)
屍人荘の殺人
屍人荘の殺人
今村昌弘
読了日:04月15日
評価4

私は存在が空気
私は存在が空気
中田永一
読了日:04月29日
評価4

powered by Booklog

2018年4月7日(土)

曇り時々雨。風が強く寒い。

悪天候の中、髪を切りに行くも、切ってくれる人が世の中の原理原則や因数分解の話を始めて困る。趣深い面はあるものの、僕個人としては、髪を切られるときと服を買いに行く際に余計な声をかけられることを苦手としているので、緊張感のある時間だった。火星人がいたとして、火星の世界でも1+1=2なのかという問題よりも、そのバリカンを早々に動かしてもらって立派なボウズにしてもらえるかが問題だ。

麻耶雄嵩『あぶない叔父さん』(新潮文庫)読了。

あぶない叔父さん (新潮文庫)

あぶない叔父さん (新潮文庫)

古本屋にて、荒川洋治『夜のある町で』(みすず書房)を購入。

2018年4月3日(火)

晴れ。日中は25度を超えたらしい。

出社途中で見かける新社会人の新鮮な雰囲気を見るたびに、内面はどういう考えであれ、振り返りの機会をありがとーと思う。

花粉症になったのか、なっていないのか分からないままの、この時期の慌ただしい中に感じる春のおおらかな空気感がやっぱり気持ちいいみたい。

こうの史代夕凪の街 桜の国』(双葉社)読了。

夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)

夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)

2018年3月に読んだり、見たりしたもの

☆5の本が多かった1ヶ月だった。忙しいときほど本が読める。

仕事の分野で、なんとなく敬遠していた稲盛和夫管理会計関係の本に感銘を受け(ここまで会計のことに理解を示してくれる経営者は実は少ない)、『封神演義』はTSUTAYAで借りて読んだ。中公新書の『殷』と『周』が積読山で遭難しているはずなので、救出後に読む予定にしている。本の雑誌社の『絶景本棚』は、他人の本棚を眺めることが好きな僕にとって垂涎の書で、期待に沿った内容で満足できた。高山なおみの『帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。』は、最近や日々ごはんの高山なおみの文章も好きなんだけど、この頃の洗練されていない、思索や表現がダイレクトに伝わってくるものはもっと好き。

読みたい本棚 - 2018年03月 (19作品)
絶景本棚
絶景本棚
-
読了日:03月19日
評価5

みちくさ 2
みちくさ 2
菊池亜希子
読了日:03月19日
評価3

みちくさ 3
みちくさ 3
菊池亜希子
読了日:03月19日
評価3

powered by Booklog

2018年3月31日(土)

月末。仕事。

帰りに古本屋で、眞淳平『世界の国 1位と最下位』(岩波ジュニア新書)、岩田靖夫『ヨーロッパ思想入門』(岩波ジュニア新書)、瀧本哲史『武器としての交渉思考』(星海社新書)、藤原辰史『トラクターの世界史』(中公新書)を購入。最近、岩波ジュニア新書のブーム到来中。