log.

履歴を記録すること

食べるものに対する価値観の違い

モーガン・スパーロック監督の「スーパーサイズミー」を観た。30日間、一日三食をマクドナルドで摂って体の変化を観るという人体実験ドキュメンタリー。
30日を終えての身体的な変化は想像していた以上に悪い数値が並んでいる結果だったけど、そのことよりも中盤くらいで挿入されるアメリカの給食の酷さが衝撃的。フライドポテトにコーラって。この驚きは『ジェイミー・オリヴァーの給食革命!』でイギリスの給食の惨状を目にして以来。日本に生まれ育って、日本の食文化にどっぷりと浸かった生活を送ってきたせいかカルチャー・ショックが大き過ぎる。彼の国の給食は栄養摂取の為の食事ですらなくて、カロリー摂取の為の食事なんだと思える。
食べ物に関する価値観の違いって大きな爆弾になったりするから実はデリケートな問題だと思う。国や文化の違いだけではなくて、隣近所友人恋人に至るまで「自分ではない」というだけで価値観が違ってくるから面白い。
D
参考までに、日本でもスーパーサイズミーに挑戦した人がいるのでリンク。マクドナルド スーパーサイズミー 30日間マクドナルド生活。当時、リアルタイムで読んでいたけど後日ver2までしていたのは知らなかった。

スーパーサイズ・ミー 通常版 [DVD]

スーパーサイズ・ミー 通常版 [DVD]